未分類

アニメコンに行ってきました

更新日:

アニメコン

アニメコンに行ってきた結果

数年前の事ですが、アニメコンに行ってきました。

(当時は「アニメコン」という言葉は無かったように思えますが)

 

アニメコンとは、街コンの一種で、マンガ・アニメ好きが集まるので、

「アニメの話で盛り上がってカップルになってね(ハート)」

といった趣旨のものになります。

 

街コンと呼ばれているものに参加するのは初めてだったので、

期待して行ってきました。

 

果たして結果はいかに?

 

ぼったくりか?

某月某日

街コンとやらが流行っていると友人。

 

街コン?聞いたことがなかったので、

とりあえずネットで検索。

 

ほうほう、今ではこんなのもあるのか。

ん?

そこには「アニメ好き」の文字が

 

お、これいいんじゃね?

 

早速申し込みを・・・と思ったら、

参加費9000円?

高くね?

 

他のイベントは大体5000円前後なのに?

ぼったくりか?

参加賞でガンプラでも貰えるのか?

 

ただ、経済の法則からすれば、値段が高いものは、

みんなが欲しがっているという証。

 

なるほど、この値段にしてもみんなが集まるという事は、

相当いいものに違いない。よし、申し込んでみよう。

(「値段が高ければ質も良いに違いない」という人間の心理が働いています)

 

という事で、友人とアニメコンとやらに行くことになりました。

 

男だけの合コンパーティー?

事前にプロフィール的なものを色々と記入。

いざ当日、会場である某居酒屋に突入しました。

 

受付を済ませた後、まず入ってびっくり

 

男しかいない!?

 

男 パーティー

 

もしかして、主催者側が男女比率を考えずに、

申し込みをした人を片っ端から参加させているのか!?

 

入った瞬間、完全にだまされたと思いました。

 

ただよく見たら、部屋がL字となっており、

その死角に女性陣が待機していました。

とりあえず一安心。

 

案内された席で待機していると、開始時間になりました。

 

いざ開始へ

いよいよアニメコン開始です。

 

とりあえず男性2、女性2の4人席で話をします。

大体10分程度で、男性が席を移っていく、といったものでした。

 

戦略としては、私はアニメにあまり(というか全く)詳しくなかったので、

私がマンガ担当、友人がアニメ担当でいこう、といったものでした。

 

そうすれば、

「どんな女性が来ても相手できるぜ!」

と思っていたのですが・・・

 

いざ始まってみると、そんな戦略も序盤で崩壊。

聞いたことがないアニメの話題の上、

 

「○○のシーンの××、好きなんですよー」

「○○の声優さんの追っかけしてるんですよー」

 

など、やたらとコアな話題だったり、声優の話題だったりと、

どう頑張ってもついていけそうにない話の展開。

 

英語もろくに喋れない自分が、ロシアの大地に放り出された感じと言えば、

少しは分かってもらえるでしょうか。

完全に空気と化していました。

 

頼みの友人も、初めはなんとか話を合わせている感じでしたが、5~6分もすると、

「あー、そうね」「うん」

しか言っていない。

 

あれ?

アニメコンって、すごい話が盛り上がるんじゃなかったっけ?

そんな風に思っていたのは、私だけではなかったはず。

 

というのも、周りを見渡しても、お通夜状態になっているテーブルがチラホラ。

その中で、ミョーに盛り上がっているテーブルが1つだけ。

嫌でもそのテーブルの話しが聞こえてくる状態。

 

表現するのが難しいのですが、すごい気まずい空気が流れています。

 

女の子もつまらなそうにしていましたし、

「時間よ、早く過ぎ去ってくれ」

と思ってしまっている自分がいました。

 

空気からの脱出

ただ、何度か席を移動しているうちに、徐々に皆慣れてきたのか、

段々と、場が盛り上がってきたように感じました。

 

友人も、なんとか話を繋ぎつつ、自分の得意分野にどうにか持っていこうとしている様子。

おかげで、最初のお通夜状態というのはなくなりました。

 

ただ、私は相変わらず空気状態。

いったい何をしに行ったのやら。

 

酸素

 

高い金を払って、空気になりに行ったわけではないので、

作戦を変えることに。

 

といっても大したことではなく、

開始早々、アニメ以外の話題に持っていってしまおうという作戦へ。

友人からもOKが出たので、作戦決行。

 

幸い、その時の女の子が普通っぽい子だったので、

「好きなアニメグッズはどこで買うのか?」などを聞いてから、

そのままその土地の話題などに方向転換をして、

ワイワイと楽しくおしゃべりすることができました。

 

こういった集まりだからなのか、たまたまだったのか分かりませんが、

極端に暗い子や、ひたすら幕末なんとかってアニメを話し続ける子など、

変な個性豊かな子達が勢ぞろいでした。

 

成果のほどは

そうこうしているうちに、前半戦終了。

後半はフリータイムとなって、もう一回話したいペアと組になって、

また2対2で話せる仕組みになっていました。

 

私としては、最後のほうに話した普通っぽい子が良かったのですが、

考えていることは皆同じなようで、男性陣がその子にワラワラ群がっていました。

(あともう一人、容姿がきれいな子にも男性陣が群がっていました)

 

フリータイムは15分間×3回のチャンスがあったのですが、

結局その普通っぽい子とは話せず。

友人は、容姿がきれいな子と話せてご満悦な様子。

その行動力を普段から見せてくれ、と思いました。

 

最後はマッチングタイムになり、私は普通っぽい子を選びましたが、

向こうからは選ばれず。

結果惨敗。

 

友人は第2か第3候補の人とマッチングしていました。

ただ、マッチングした番号を渡されても、どの女性だったか分かっていない様子。

オロオロしながら、目的の番号の女性を探している様子が妙におかしかったです。

選んだ女性の顔くらい、ちゃんと覚えとけよ・・・。

 

総評

正直疲れましたし、値段の割にはリターンが少ないと感じました。

というのも、私はアニメに殆ど詳しくなかったので、

こういった感想になってしまうのかもしれません。

 

とにかくアニメ好きで、同士の女の子を見つけたいのであれば、

この値段は高くないのかもしれませんね。

 

最初にも書きましたし、今ネットで調べてみても、

男女ともに「楽しかった」という意見が多いので、

アニメ好きなら行く価値があるのでしょう。

マンガの知識だけで行ってはいけません(経験者・談)

 

ちなみに私が気に入った普通っぽい子は、

誰ともマッチングしていなかったようです。

サクラだったのかなー。

 

関連記事

モテない男性は街コンをこう使え!

女性との会話が苦手な人のための練習法(キャバクラ編)

モテない男性の悩み(前編)

 

-未分類
-

Copyright© 「ただしイケメンに限る」を遠い目で眺めるブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.